【しょうこさん20】朝、健やかなるぽこ助、候。

ぽこ助応援ボタンはこちら!ぽこ助は応援されると喜びます!
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。      

朝です。ぽこ助です。おはようございま候!

今日はしょうこさんとのデートです。夜デートなので午前中は比較的優雅に過ごせそうです。なんせ今週はバタバタの毎日でしたから…^^;



初めて行くところがいくつもあり、初めての経験(イヤン^^;)もたくさんありました。学ぶこともあれば、学んだからこそ「ここはおかしい!」と思う事もあり、日々成長を感じている今日この頃。

やはり40代になり、教わる事より教える事が多くなり、成長する機会が失われつつありましたが、たくさん勉強していけるのはとてもありがたいですね^^

コメント欄でも新しい考え方などをおしえてくれて助かります。もちろんアンチの人もいますが、そういう人は「ふーん、そういう考え方もあるのね!」とあまり深く考えないようにしています^^;

アンチの人がどうしてそういう思考に至るのか?というところをもっと分析することによって大きく成長することもできるのかもしれませんが、いくら打たれ強いぽこ助でもさすがに参ってしまう事もあるので^^;



後、今日明日はちょっと気分転換に温泉に行ったりカラオケに行ったり、ストレス発散をしてみようと思います。お酒や好きなものを食べるのも良いんですが、そういうストレス発散方法から逃れたいという気持ちもありまして^^;

毎日家に帰るとその日のストレスを解消するかの如くお酒を飲んだり暴食したりするのは、治さないとダイエットもできないですし健康にも悪いですからね。健康状態が良くないと子供にも悪影響ですし…真剣に考えないとね^^;

さて、しょうこさんとのデート前に昨日ぽこ助は「今日しょうこさんと深い話をして、その結果を受けて次回デートで告白しようか決める」と考えていましたが、それも他人から見ると上から目線の様です^^;

確かに、「ぽこ助の事を好きなら告白しても良いかな」という風にも見て取れる気がします。ぽこ助的にもあまりしょうこさんとの駆け引きを長引かせても次の女性に気持ちが切り替えられなくなる危険性があるため、ここいらでビシっと決めていきたいなと思っております!

今のぽこ助の考えですが、

しょうこさんの答え次第でどうするかを予め決める。

これをしようと思います。



まず、「ぽこ助はしょうこさんの事を良いと思っている。家庭的だしプレゼントをくれたりと細やかな気配りができる。自分の趣味に熱中できるところも素敵だ。」とぽこ助が思っている気持ちも伝えようと思います。

ザイラーの趣味に関しても、ぽこ助にもゲームなどの趣味はあるわけだし、お互い自分の趣味はしっかりと続けていくで良いと思います^^

結果的にぽこ助が傷つくかもしれませんが、最初に自分の思いを伝えようと思います。そのため、自分の思いをデート前に整理したいと考えます!

今自分はしょうこさんのどういうところが好きなのか、どういうところに惹かれるのかを改めて考える。

これです。

しょうこさんはぽこ助のイメージだと「ザイル大好き」「金欠」「法律や社会経済に意外と詳しい」「家庭的で料理上手」「料理以外の家事は不明」「細身で顔も可愛いが化粧は濃い」「男性が喜ぶ細やかな気配りができる」などです。



ザイル大好きは、ぽこ助も一緒にいる中で理解を深め、一緒にコンサートに行くことも前向きに考えられるようになれたら良いなと思っております。

ザイル大好きでぽこ助で興奮しないとか、そういうのに嫉妬してしまうかもしれませんが…まあそこはその時考えるしかないですよね。「そりゃ若くてムキムキなイケメンのほうが良いよな…」とも思うし。

でも、「じゃあなんで結婚したのか」なんて話になってうまくいかなかったりしそうだし…そういう心配もありますが。

金欠に関してはぽこ助と結婚すると解消されるでしょう。それ目的という事だとぽこ助も複雑な気持ちになりますが、それでもギリギリですが20代の女性と結婚できるという代償と考えるべきかとは思い始めています。



でも、それがやはりザイルと同じく、「ザイルとお金」ばっかりだとぽこ助は辛いです。でも、しょうこさんはそこまでぽこ助を蔑ろにはしないように感じます…それは付き合う中で見極めていきましょう!

化粧が濃いと言うのは、ぽこ助とのデートに気合を入れてきてくれていると考えると、ポジティブに嬉しく感じますね^^なので、むしろプラスに考えて良いと思います。

気配り・家庭的などのイメージも、奥さんとしてしっかりしてくれる前向きなイメージが描けますね。とても良いことだと思います。

という事で、しょうこさんにはぽこ助が考えるだけでもたくさん魅力のある女性です。でも、本音で語れているかどうかと言う不安もあるため、今日は深く話をしていきたいと考えております!おりマッチョ!@^^;



もしフラれても卑屈になったりしょうこさんを責めるという事はせず、その時はぽこ助の何が不安だったのか、等フィードバックをもらい、次に活かしていきたいと思います!悔しいという気持ちにはなると思いますが…歯を食いしばって、ですね!

それではまたランチレポートにて^^コメント返し、遅くてすみません^^;

↓皆様の応援がぽこ助の元気の源です!

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まきこ より:

    しょうこさんの好きなところ、惹かれるところを挙げられてるのを見て、本当に素敵な女性だなぁと思います。
    ちょっと気になったのが、結婚相手として素敵な条件と言うのは伝わりましたが、ポコ助さんがしょうこさんを好き、と言うのが伝わって来ないんですよね。

    結婚相談所は結婚相手を見つけるところで、まずは条件にマッチする方を見つけ、お付き合いする中で恋愛感情もはくぐまれるのかなぁという印象です。
    それと同じ考えであれば良いと思うのですが、ポコ助さんはそれで満足できますか?

    私にはポコ助さんは婚活というよりまずは恋愛をしたい様な印象を受けます。
    だからこそ、みおこちゃんにあんなに惹かれたのかなぁと。
    その辺をハッキリしないと、なかなか結婚までの道に踏ん切りがつかないのではないかな?と思いました。

    ともかく、今日のデートがうまく行くことを願っています(*>ω<*)
    頑張って下さいね♪

  2. うめ より:

    がんばろうとしているぽこすけに、自分なりのアドバイス

    ①彼女がいない歴や、素人童貞なことはわざわざしょうこさんに言う必要なし
    →間違いなくひかれる

    ②自分が変えられるのは自分だけ。過度に相手が変わってくれることを期待しないこと。
    →相手を変えようとすると、変わらないことがストレスになる。例えばしょうこさんの金遣いとかお化粧とか。
    お金を遣うのを容認しろというわけではなく、結婚するならぽこが思うおこづかいはこれくらい。と事前にすり合わせし、それが合わなかった時に『いずれ遣わなくなるだろう』と期待しないこと。『変わらない』と仮定した上で結婚するか考える。

    余談だが結婚(離婚)カウンセラーの友人曰く、離婚の原因は大抵、結婚前から懸念してたことがほとんどとのこと。ちゃんと聞いて話し合って、それでも金遣いが気になるなら危険信号かも。

  3. ゆきだるま より:

    そうだね、もう告白してみてもいいかもしれない。誰にもしょうこさんの気持ちは見透かせないから、OKもらえるか断られるかはわからないけど、何かしら結果を得たほうがポコ助にとっても良いだろね。
    お付き合いが始まったら100%結婚確定ってわけではないからね。OKもらえたら結婚までいけるようまた頑張らなきゃだよ。
    あ、趣味に関しては、干渉されるの嫌だって人もいるから、ポコ助がEXILEに興味ないならコンサートに一緒に行くのはしょうこさん嫌かもよ。コンサートの後って、友達やファン仲間と、推しのメンバーや曲や演出のことで盛り上がりたいからさ。自分もライブ行く趣味あるけど、ファン仲間と行ってるからパートナーは連れて行ったことないよ。
    「コンサートに一緒に行くことも前向きに考えたい」みたいに書いてたので、そこは本題じゃないのについ突っ込んでしまってごめんね。

  4. さわらび より:

    本当は「この人が好きだ!告白するぞ!」というのが理想。でもこれって本当に難しい。かと言って「自分のこと好きならもう誰でもいい!」「夜に会える。ヤレそう!この子にするか!」は悲しすぎる。
    …ちょっと極端すぎる例になりましたが、何となく分かって貰えたでしょうか。

    ほんとなら「どうなってもこの人がいい、今日絶対に告白するぞ」「この人以外考えられない、この人で頭がいっぱいだ、告白する!」が1番すっきりします。でもそれって自分の気持ちがしっかり固まってないと出来ません。ぽこ助さんを見てると、しょうこさんに対してはまだその域までいってないのかな〜という感じです。
    だから、「答えをもらってから(勝負に勝てそうかどうかを確認してから)どうするか決める(勝負するかどうか決める)」のは失礼であっても、「答え次第でどう出るかを決めておく」のは戦略のひとつとして持っておいてもいいんじゃかなと思って提案させていただいた次第です。

    「良さげな印象を持たれているのならその場で告白し、結婚を前提としたお付き合いを始める」とか「実は微妙で、と言われてしまったらこれで会うのは最後にしようと伝える」とか
    ここで「分かったありがとう、ちょっと考えさせてね」と答えを持ち帰ると、前述した「勝負の行方を確認してから勝負する」となり、なーんにも変わらないので注意してくださいね。
    また、この手法でお付き合いに発展した場合、「やっぱり無理かも」となることは十分に考えられます。なんせ頭で考えてOKを出す方法なので。感情より思考に重きを置いたやり方なので、ここまで読んで「やっぱ合ってないかも」と思ったらやめてもいいです。

    しょうこさんのどこが好きかを改めて考えるのも「条件は良いけどそこまで好きではないな」という気持ちがあるのならちゃんと向き合いましょう。「料理できるから」「ギリ20代だから」「だから好きだと思う」というのはたぶん「好き」では無いです。

    >ザイル大好きは、ぽこ助も一緒にいる中で理解を深め、一緒にコンサートに行くことも前向きに考えられるようになれたら良いなと思っております。

    この言葉には少し成長を感じられました。今までも女性と会話される際、趣味などについて質問されたことはあったでしょう。しかしそれはぽこ助さん流に言う「しりとりシンキング」のテクニックとして質問していたんですよね、きっと。

    「好きな人の関心に関心を持つ」
    これをされて嫌な人はきっといません。例えばゲーム全然やらない、知らないって女性と知り合って、「ぽこ助さんがやってるゲーム私も買ってみたんです」とか「この間こういうイベントとかグッズがあるってネットの記事で見ましたよ」とか言ってくれたら嬉しくないですか?

  5. おかゆ より:

    ・今日しょうこさんと深い話をして、その結果を受けて次回デートで告白しようか決める。
    ・しょうこさんの答え次第でどうするかを予め決める。

    これの違いがよく分かりません。何が変わったのでしょうか?
    あと、最近コメントに対して返信していないようですがやめたのですか?

  6. より:

    振られた場合、振られた相手にフィードバック求めるってどうなんだろう…
    何がダメだったの?って聞くわけだよね?ただでさえ振る側だって楽じゃないし精神力使うわけよ
    そこまで聞かれるの鬱陶しいと思う。
    それにそんなつもりはなくても未練がましく見える。振られたらそこでもうキッパリと身を引くべき。
    特に41のおっさんがそこまで答え求めてくるってほんとにみっともないよ。

  7. さわらび より:

    待った、流し読みだから見落としてた。

    >金欠に関してはぽこ助と結婚すると解消されるでしょう。それ目的という事だとぽこ助も複雑な気持ちになりますが、それでもギリギリですが20代の女性と結婚できるという代償と考えるべきかとは思い始めています。

    しょうこさんだから好きなんですか?それとも20代だから好きなんですか?こういうところをよく考えるんですよ。
    しょうこさんが20代じゃなくなっても、細身じゃなくなっても、自分の全てを使って支え続けよう!自分だけはそばにい続けよう!と思えますか?ってことですよ。

    20代だし料理出来るし、ぽこ助のお金使われるのは嫌だけどしょうがないか!
    ってのはあなたの中で恋かどうかって聞いてんですよ。

    自分自身が「しょうこさん」という1人の人間が好きなのか、それとも「20代」「料理」「細身」というオプションが好きなのかをきちんと考えてください。

    • おか より:

      ほんこれ。
      条件上げて、その条件見て付き合う付き合わないってもはやそれ好きとかではないよね。
      この人のそばに一生いたい、どんなに不利な状態になっても支えたいってくらいの気持ち無さそう。

  8. ぽこ助がんばれ より:

    ぽこ助さん、すごいじゃないですか!

    以前はコンサートに行くことを浪費のようにおっしゃっていたと思いますが
    自分はゲームをするのでお互いに尊重するというところに至ったのですね。

    婚活ですから条件などもよく考えなくてはいけないのかもしれません。
    ですがそこまで理由にこだわらなくてもよいと思いますよ。
    まずは好きという感情があるかどうかですね。
    ここから先はぽこ助さんの未体験領域になりますが、お付き合いをはじめてから相手をもっと知ることで今後共同生活を送れるかどうかも考える時期も来ると思います。

    ぽこ助さんは未体験のことへの不安もあるからか理由を細かく考えたいですね。
    女性にはそれを真剣に考えてくれていると感謝する人もいれば、ややこしい人だなと考える人もいると思います。
    しょうこさんがもしそれをポジティブに捉えてくれるならお付き合いすることになるかもしれませんね。

    うまくいくことをお祈りしています。

  9. ぽこファン より:

    コメント返さなくていいよ。
    その調子で頑張って!

    温泉楽しんできて下さい。

  10. デンジャラスボンバー より:

    年収含めてあんたの魅力だよ
    850万なんて数字を今の世の中叩き出せる人間は早々いない
    世の成功してるモテ男は金持ってる人間ばかり 野生の世界で言えば人間の財力ってのは強さに直結する
    このブログを見てる男の中でぽこ助の年収を越える人間の方が少ないんじゃないかね

    金があれば これから若くて可愛い子と付き合える可能性なんて普通にある
    諦めるな!!

  11. デンジャラスボンバー より:

    年収含めてあんたの魅力だよ
    850万なんて数字を今の世の中叩き出せる人間は早々いない
    世の成功してるモテ男は金持ってる人間ばかり 野生の世界で言えば人間の財力ってのは強さに直結する
    このブログを見てる男の中でぽこ助の年収を越える人間の方が少ないんじゃないかね

    金があれば これから若くて可愛い子と付き合える可能性なんて普通にある
    諦めるな!!

  12. より:

    アンチと言っていますが、否定的なコメントが全てアンチではないですよ?
    むしろ面白半分で肯定してくる人ほど、アンチの可能性があります。

    言葉がきついと思う人の中にも、この方がいいのでは?みたいな提案がたくさんあります。

    本当にアンチなのか自分を思って叱ってくれているのか
    よく考えて下さいね!

  13. かよ より:

    男尊女卑の価値観変わらない限り40代のおっさんに若い子との結婚は無理だよ。

    「法律や社会経済に意外と詳しい」
    意外ってなに。なにさま?女性は詳しくないと思ってるよね。

    「男性が喜ぶ細やかな気配りができる」
    男性が喜ぶってなに?細かな気配りでいいよね。きもい。

    年齢=彼女いない歴童貞のおじさんと結婚しなきゃいけないなんて罰ゲームだよ。自覚して行動しな。

    • おか より:

      これだよー。ほんと端々に女性蔑視があって。とにかく男性を上にしてもらわないと気が済まないって感じ。夜も面倒くさそう。相手にばかりして欲しがりそうできもいわー。

  14. あはは より:

    うーん、実際のしょうこさんがどうなのかはブログ読者にはわからないけどね。
    結婚相談所にいって、20代女性との結婚は難しいと思い知らされて、「29歳だから・・・料理できるし・・・夜に会う時間変えたからエッチできるかもだし・・・」でしょうこさんに目を向けている感じがしますよ。
    しかも自分が傷つかず、しょうこさんから告白に近い前向きな返事がもらえたら、という条件つきで・・・。
    お互い結婚に焦ってるから、その場はうまくいってお付き合いが始まるかもだけど、すぐに破綻しそうな気がします。

  15. ポコ原人 より:

    このブログを読んだ感想は、
    ぽこさんは相手女性のことをあまり好きではないな。と感じました。
    ※違ってたらごめんなさい。

    「付き合えそうだったら告白する」という感じがします。恋愛ってそうじゃないと思うけどな。

    今夜のデート頑張ってください。

  16. あーあ より:

    今回のブログ、文章から今までなかった
    人の温度が感じられて…本当に嬉しくて。
    傷つきながらヤケクソになりながらも
    ご自身としっかり向き合われたのだなと。

    ストレス発散の考え方とかも
    ご自身のことを大切に扱おうという姿勢。
    自分を大切にできない人間は
    人も大切にすることできませんからね。

    しょうこさんに対して
    表面上のテクニックや言葉じゃなくて
    腹を割って話そうとされているその事実。
    私自身はあなたの誠意を感じますよ。
    ゆっくり好きになっていけばいいんです。

    焦らず丁寧に、大切な時間過ごしてくださいね。
    心から応援しています。

  17. 大学院生 より:

    >アンチの人がどうしてそういう思考に至るのか?というところをもっと分析することによって大きく成長することもできるのかもしれません

    ぽこ助は以前私のコメントに対して「分析するのが好きってすごい」的なコメントを残してたから、おそらくこのアンチの中には私も含まれていると思うけれども…おいおい、ほんとに私たちのことを未だにアンチだと思ってんのかよ?

    最初の頃は限りなくアンチに近かったと思うけど、今ではちょっとでも良くなるようにアドバイスすることも多くなってきただろうが

    それは私だけじゃなく、定期的にコメントを残してる他の人もそうなりつつあるわ

    なんだかんだ言ってぽこ助の人生が良くなるように見守ってるんだぜ?

    まあ実際、今でもキツイアンチコメ残して帰る人もいるけどな

    でも、それを「なんか喚いてるわー」ってスルーした分だけぽこ助の成長速度が遅くなるだけだと思うぞ

    受け止め切れないから何もなかったことにしてスルーするんじゃなくて、短時間にたくさん受け取ろうとしなくていいから、ちょっとずつでいいから、全部受け止め切れるように頑張ってほしい

  18. 頑張って〜! より:

    温泉いいな〜!
    寒いと気持ちいいよね!
    年明け忙しかったみたいだからゆっくり休んできてね
    しょうこさんうまくいきますように
    そうそう!
    若い女はムキムキの筋肉質が大好きだよ〜!
    早く鍛えないと!
    ぽよぽよのお腹が好きな女ってあんまり聞かないよ〜

  19. たなか より:

    なぜそんなにしょうこさんと結婚したいのかわからないのですが、というのも、良いところを挙げたもののご自身に与えてくれそうなメリットを換算しただけに見えたからです。
    ただ、昔は結婚とは家同士がするもので、子供を増やし働き手を増やすことで家の運営を守るのが目的で、”真実の愛”などという概念はなかったはずですので、そういう観点でみれば、メリット重視の結婚も間違いではないと思いますが。
    ある意味、今が明治時代くらいだとよかったですね。

  20. みい より:

    振られたとき、「僕の何がダメだった?」なんて聞いちゃだめだよポコ助さん!
    まだ知り合って日も浅いし、なにより振った理由なんて正直に話すわけないよね?気を遣って適当な優しい答えが返ってくるだけ。
    その答えを真に受けそうなポコ助さん、、、

    大人の男だったら口数少ない方がモテるよ。ペラペラなんでも話す男はだめ。
    頑張って!!

  21. 川田 より:

    前々から思っていたのですが、ぽこ助は心から人を好きになった事がない様に思います。

    恋は理屈ではないので、相手の喜ぶ顔が見たいから、自分と一緒にいる時間を楽しんでもらいたいから…と、自然と相手に与えてしまうものですが、ぽこ助はデートする度にお金と労力の計算ばかりして常に自分が損をしないかを考えていますよね。

    みおこちゃんの時は、みおこちゃんの策略にハマってしまい、キャバ嬢に恋してる痛客みたいでしたが。

    そういう会話が出来る様な友達はいなかったのでしょうか?いたら少しは友達の意見から学ぶ事もあると思うのですが。

    結婚にしても理想や妄想ばかりで現実を全く理解していないし、皆さんからのアドバイスも聞いてるようで聞いていない。

    恋は、挫折を繰り返し学んで成長して自分に合う人がどんな人かを知り、深く長く付き合っていける様になるんだと思います。

    婚活してる人は、条件から入るので更に経験が必要だと思います。

    結婚相談所のアドバイザーに相談しながら経験値を増やしていく他ないでしょうね。

    恋は夢中になれば楽しいですが、結婚は決まった時から面倒な事の方が多いです。

    自己犠牲精神がなければ、結婚は長続きしませんよ。

    • おか より:

      ほんとに結婚て自己犠牲精神の塊。ぽこ助には無理というか、続かない。破綻しそう。すぐまたゆうこさんの時みたいに自分の思い通りにならなくて怒鳴りそう。

  22. ぽこさん返信ください。 より:

    最近ポコさん素直になってからアンチ減りましたよね??粘着する暇人?も少なくなったかと。。確かにポコさん憎たらしいヤツだなーと最初は見てましたけど最近はそこまで思わなくなりました笑
    一つ質問ですけどポコさんが20代前半に拘るのって結局10代20代と女性と縁がなく青春を取り戻したい気持ちが強いからかな?と思いました。僕は20代30代と
    で沢山若い娘と遊んだので今は熟女しか興味ありませんもん。

  23. ねむたいイルカ より:

    さわらびさんがコメントでおっしゃっている事と、全く同じ印象を受けました。

    例えばしょう子さんが30代で、ぽっちゃりで、家事があまり得意でなくても、ぽこ助はしょう子さんと結婚してずっと一緒にいたいと思うのでしょうか……

    「20代で可愛くて家庭的な女性と結婚して、幸せな家庭を築く」というのがぽこ助の目標ですけど、もし仮に結婚出来たとしてその後の具体的なビジョンが全然見えてこないというか……これは実際に結婚してからじゃないと分からないものだと思いますが。

    あくまで主観ですが、今現在のぽこ助のしょう子さんに対しての気持ちは
    若い・可愛い・家事が出来る⇒だから好き、に見えてしまって。
    今後もしぼこ助が結婚相談所で30代の素敵な人を紹介されても、「でも20代じゃないから…30代はあくまで妥協対象だから…」となりそうで怖いです。自分の理想をつらぬくのも良いですが、その理想に縛られて素敵な出会いを逃すのも勿体ないんじゃないかと思います。

    前にもコメントで言った気がしますが、20代前半で真剣に婚活してる人はごく僅か、かつすぐにイケメンやお金持ちと結婚します。20代後半~30代にかけて婚活してる人が多いのは、社会人としてある程度経験を積み、結婚を考える余裕が出てくるのがその年頃になるからではないでしょうか。(もちろん違う場合もあります、理由は人それぞれ)

    今の時代、結婚=専業主婦なんて考えてる女性は少ないですし、現実問題として厳しいと思います。子ども1人が成人までにかかる費用は、国立大学に進学した場合でも約3000万だそうです。私立大学進学や予備校に通ったり、親元離れて一人暮らしとなると軽くその倍以上はかかります。ぽこ助、将来子どもは2人は欲しいと言ってましたよね?下記のサイトに大まかな金額が記載されてるので参考にしてみて下さい。

    https://kodomo-ouen.com/data/02.html

    結婚って1つの形式にすぎなくて、その後何十年も自分の選んだ相手とどんな困難な事があっても一緒に乗り越えて行く覚悟が必要ですよね。

    私は医療関係の仕事に勤めているのですが、40~50代の働き盛りに脳血管疾患や大怪我を患い、その後遺症で社会復帰や以前通りの生活に戻るのが難しくなってしまった患者さんを沢山見てきました。例え旦那さんがそういう状況になってしまっても、ちゃんと隣で支えてくれる奥さんやお子さんを見てると本当に家族とはいいものだなと実感させられます。

    ぽこ助が、今後何があってもこの人をずっと支えたい・一緒にいたいと思えて、向こうも同じようにぽこ助の事を思ってくれるような素敵な人に出会えるのを祈っています。長い目で見ると、容姿や年齢よりも大事なものは山ほどありますよ。

    陰ながらですが、応援しています。

  24. おさかなさん より:

    しょうこさんのことを本当に心から好きだから告白してほしいです。
    他の方がおっしゃっているように、20代だから、家庭的だからとか
    魅力を感じる部分をあっても「一緒にいて楽しい」とかそういう好意というものが
    感じられないんですよね・・・。
    そして間違っても「なんで断ったの・・・?」などと聞くのはやめたほうがいいです。
    私がしょうこさんの立場で聞かれたらはっきり言いづらくて当たり障りのないことを
    言って本音は言えないと思いますので・・・。

  25. ぴこ より:

    あのーしょうこさんの好きなところ挙げられてますが、1つ前の私のコメントとほぼ同じ。
    偶然ですか?
    今までLDHファンでお金かかる趣味は困る、とか化粧が濃いとかギリギリ20代とか、料理のこと以外は貶してただけだったのに。急に褒め出した。

    私がこのブログの中のしょうこさんとのやり取りを見ていて気づけた魅力を挙げただけなんですが…
    それだけなの?しょうこさんを見たこともない私と同じ程度の魅力にしか気付けてないんですね。

    ホントに好きなんじゃないな、これは。

    あと好きなアーティストがいてライブ鑑賞が趣味な私だけど、結婚してからはそのアーティスト関連の費用(チケット代、グッズ代、交通費、ディスク代、などなど)は自分の給料から一部使うだけで、家計には影響してませんよ。
    もちろん私の給料はほぼ家計にあててます。
    私の周りの友だちも同様です。
    結婚したら家族との生活が第一です。

    まぁ、お金のかかる趣味と言われれば反論できませんが、海外旅行だったり、度を超えたお洒落さんだったり、カメラ、AV、モータースポーツ、道具が高額なスポーツなどお金のかかる趣味は沢山あります。
    稀に何の趣味もない人もいますが。
    普通の金銭感覚では、趣味の費用が家計に響いたり夫にねだったりする人はあまりいないのでご心配なく。

  26. トマト より:

    〉しょうこさんはぽこ助のイメージだと「ザイル大好き」「金欠」「法律や社会経済に意外と詳しい」「家庭的で料理上手」「料理以外の家事は不明」「細身で顔も可愛いが化粧は濃い」「男性が喜ぶ細やかな気配りができる」などです。

    結婚して何年も一緒にいると、当然ながらしょうこさんも30代40代…と歳をとるわけです。
    もしくは結婚してすぐに太ってしまったり(幸せ太りって言葉もありますよね)、料理以外の家事が壊滅的にダメなのが発覚したり…
    そういった当たり前の劣化(劣化という言葉で良いのか分かりませんが)や予想外のダメなところを目の当たりにして、それでもしょうこさんが大好きだと自信を持って言えますか?

    また、こんなことは考えたくはないですが、ぽこ助さんが/しょうこさんが結婚直後に病気や事故で、例えば寝たきりになってしまう可能性もあります。
    そんな時にぽこ助さんはさんは「それでもしょうこさんと一緒にいたい」と思うでしょうか。 しょうこさんは「別れたくない」と思ってくれるでしょうか。

    結婚は一生のこと。
    この相手とずっと添い遂げたい、一生かけて守りたいと思う/思ってくれる相手と結婚すべきです。
    ただお付き合いして楽しい♪という相手を探しているわけではないのです。
    そのくらいの覚悟がないと結婚してはいけません。 簡単に離婚なんてできませんから。

  27. めろん より:

    純粋に一言。
    ザイルって呼び方やめな。
    バカにしてるみたいだし何より
    EXILEに失礼。